「出会い系サイト運営会社と消費者金融会社から 15 億円の架空売上」ライブドア事件証人・中村 長也被告への検察側主尋問

広告

「出会い系サイト運営会社と消費者金融会社から 15 億円の架空売上」ライブドア事件証人・中村 長也被告への検察側主尋問

出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)からの売上

  • ライブドアの平成 16 (2004) 年 9 月期予算に、出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)から合計 15 億円余りの売上を計上した
    • 売上は、第 4 四半期に集中している
    • 実体はなく、架空売上
    • 業績予想に対して、利益が足りなかったから
  • 2 月と 5 月に、業績予想を上方修正して公表した
  • 9 月の連結経常利益の業績予想が 50 億円だった
    • 50 億円の見込みがなかったので架空売上を計上した、と認識している
    • 8 月下旬か 9 月上旬に、宮内 亮治被告(ライブドア元取締役)から「出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)の現預金をライブドアの利益に付替える」と聞いた
    • ライブドアが TOB していたバリュークリックジャパン(現・ライブドアマーケティング)にも、1 億円くらい付替えた
    • バリュークリックジャパン分を除き、付替える部署と金額は証人と丹澤 みゆき氏(ライブドア執行役員)が相談して決めた
    • 出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)からライブドアの各事業部に発注し、ライブドア側が受注した形にして、その金額を出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)が支払った
      • 出会い系サイト運営会社キューズ・ネットへの発注指示は、証人の指示を受けたライブドアファイナンスの林 類氏(キューズ・ネット代表取締役)が行った
      • 消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)への発注指示は、証人の指示を受けたライブドアファイナンスの岡崎 幹男氏が行った
      • ライブドアの各事業部への受注指示は、丹澤氏が行った
    • 9 月 27 日に、丹澤氏が各事業部長に「出会い系サイト運営会社キューズ・ネットから受注する書類を整えるように」とメールを送信した
      • 各事業部毎に受注金額も指示し、各事業部はその通りに計上した
    • 9 月 27 日付の 2 通の稟議書は、出会い系サイト運営会社キューズ・ネットがライブドアおよびイーエックスマーケティング(現・ライブドアマーケティング)(現・ライブドアマーケティング)に発注するためのもの
      • イーエックスマーケティングの社長は、岡本 文人被告(ライブドアマーケティング前社長)
      • この月に実体のある取引はなく、架空売上
      • ライブドアが 6 億 5500 万円で、イーエックスマーケティングが 1 億 2000 万円
      • バリュークリックジャパンも出会い系サイト運営会社キューズ・ネットから約 1 億円の売上を計上しているので、合計約 8 億 8000 万円
    • 9 月 27 日に、宮内被告が「消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)から各事業部に、発注を依頼するように」とメールを送信した
      • 各事業部はその通りに計上した
      • 実体のある取引はなく、架空売上
      • 合計約 4 億円
    • 出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)の合計で 13 億円弱になることについて、10 月上旬に堀江被告に報告した
      • 「出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)から利益を付替える件ですけれど、契約書作成や振込が完了しました」と伝えると、堀江被告は「あ、そう」と答えた
      • 堀江被告は、「出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)から利益を付替える件」と言われても何の反応も示さなかったので、架空売上について理解している、と認識した
    • その後も、ライブドアグループ全体で 3 億円くらいの売上を追加した
      • 利益がライブドアの連結経常利益の業績予想に達していなかったから
      • 10 月に入ってから丹澤氏に、「3 億円くらい足りない」と言われた
      • 10 月上旬か中旬に、消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)に対する 3 億円の利益を追加で付替えた
      • ライブドアの平成 16 (2004) 年 9 月期予算は、出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)の架空売上が合計 15 〜 16 億円になった