「野口氏に株式譲渡、証人はフェラーリ購入」ライブドア事件証人・宮内 亮治被告への弁護側反対尋問

広告

「野口氏に株式譲渡、証人はフェラーリ購入」ライブドア事件証人・宮内 亮治被告への弁護側反対尋問

PSI

  • 平成 16 (2004) 年 2 月〜 4 月に野口 英昭氏(エイチ・エス証券副社長/強制捜査後に沖縄で死亡)らと香港に行ったときに、パシフィック・スマート・インベストメント PSI を知った
  • PSI の役員に、野口氏がいることは知っていた
    • 野口氏が PSI を買ったからそうだろう、と思っていた
      • いつ頃からそう思っていたかは分からない
  • PSI の役員に、大西 洋氏(バリュー・リンク社長)がいることは知らなかった

エイチ・エスインベストメント

  • エイチ・エスインベストメント設立時に未払金があったことは、たぶん知っていたと思う
  • 中村 長也被告(ライブドアファイナンス前社長)から、野口氏がお金を払っていないことを聞いたが、理由は知らない

M & A チャレンジャー 1 号投資事業組合

  • (「1 月 19 日の野口氏から中村被告へのメールに、『チャレンジャーの業務執行組合員を PSI ではなく、最初からエイチ・エスインベストメントだったことにする』とあるが、知っているか?」との弁護側に対し)知らないが、忘れているのかもしれない
    • 取調べのときに、検察官から業務執行組合員が変更されていることを聞いた
  • (「4 月 9 日に、野口氏やゼネラル・コンサルティング・ファームの菅野 健太郎氏と会計処理について、打合せを行ったことを覚えているか?」との弁護側に対し)時期は分からないが菅野氏が来ていたから、そのことだと思う
    • (「打合せは、『チャレンジャーの業務執行組合員を PSI ではなく、最初からエイチ・エスインベストメントだったことにする』という内容だったのではないか?」との弁護側に対し)内容は覚えていない
      • PSI でもエイチ・エスインベストメントでも元は同じだから、興味なかったのだろう
      • 取調べでも、聞かれなかった

消費者金融会社ウェッブキャッシング・ドットコムとの株式交換

  • 投資会社アイ・シー・エフ(現・オーベン)と M & A チャレンジャー 1 号投資事業組合の売買契約書では、業務執行組合員が PSI とエイチ・エスインベストメントの 2 種類の契約書があり、印鑑も押された正式な契約書がどうして 2 種類あるのか、取調べでも見たが分からない
    • 覚えていないのか当時から知らなかったのかも不明

人材派遣会社トラインとの株式交換

  • 契約書の業務執行組合員が PSI であることについて、当時はあまり分かっていなかった
  • 契約書の原案作成は、中村被告の部下か野口氏の部下だと思う
  • 一般に、契約書は証人の所に回って来るので、この契約書も来たと思うが、見た覚えがない

PSI

  • (「1 月 27 日頃、野口と大西氏が PSI の役員であるだけでなく、株も譲り受けている」との弁護側に対し)話は聞いたが、時期は不明
  • 1 月 28 日に、VLMA 1 号投資事業組合から PSI の口座に 2625 万円送金されているのは知らない
    • 取調べでも、PSI の資金の流れについての話は出なかった

香港出張

  • 2 月 6 日に、野口氏・大西氏・中村被告と香港に行った
  • 出張を決めたのは 1 週間以上前だと思うが、詳しくは分からない
    • (「1 月 22 日の野口氏と中村被告の間のメールに香港の話があるから、この時点では具体的なものだったのか?」との弁護側に対し)そうだろう
  • 香港出張は何度かあり、最初の 1, 2 回は野口氏に誘われた
    • 2 月 6 日は 1 回目か 2 回目
  • 旅費は野口氏が出して、証人の宿泊費は証人が出したが、中村被告の宿泊費は野口氏が出したと思う
  • このときかは分からないが、中村被告の同行目的が東亜銀行とゲインウェル証券に口座を開設するためだったことがある
  • 東亜銀行に証人と中村被告の口座を開設したが、ゲインウェル証券では北原 衛(まもる)氏に挨拶しただけで口座は開設していない
    • (「2 月 12 日の北原氏から証人へのメールに、『口座開設ありがとうございます』とある」との弁護側に対し)覚えていないが個人の口座で、自分が作ったのなら中村被告も作っただろう
    • 取調べでは、東亜銀行の口座についてだけ聞かれた
  • 東亜銀行のキャッシュカードを作ったが、持ち歩かなかったし、逮捕後に押収もされていない
  • 香港で野口氏に、「会社を買ってくれ」と言われた
  • この時点で野口氏のことは信用していたが、大西氏には 1 度しか会っていなかった
  • パイオニア・トップ・インベストメント PTI 購入の話は、中村被告と東亜銀行に行ったときに出た
    • 野口氏への営業協力に対しての購入で、使用目的はない
    • 東亜銀行で会社のリストを見せられ、適当に決めた
    • 50 万円くらいだったと思うが、支払時期は覚えていない
  • 2 月 6 日に、「2 月 10 日に PTI からバリューリンクに 500 万送金してくれ」と野口氏から指示があったのは知らない
  • 香港では、到着翌日に 4 人で東亜銀行とゲインウェル証券へ行き、昼食は一緒だったが後は別れた

PSI

  • 2 月 9 日に、PSI がバリュークリックジャパン(現・ライブドアマーケティング)15 株を約 150 万円で購入しているのは知らない
  • 3 月 26, 30 日に、バリュークリックジャパン株が 約 345 万円で売却されているのは知らない
  • 3 月 31 日に、PSI から大西氏の個人口座に約 150 万円が送金されているのは知らない
    • 取調べでも、聞かれていない

人材派遣会社トライン株

  • (「3 月 15 日に携帯電話販売会社クラサワコミュニケーションズ/消費者金融会社ウェッブキャッシング・ドットコム/人材派遣会社トラインの株が計 94 万 4000 株発行されているが、自分たちで使おうと考えていたか?」との弁護側に対し)自分たちで使うのではなく野口氏に払おうと、携帯電話販売会社クラサワコミュニケーションズとの株式交換スキームを考えた頃から思っていた
    • 野口氏に、「利益が出たらもっとくれ」と言われていた
    • 野口氏個人に払ってもエイチ・エスインベストメントに払っても、結局野口氏に入る
    • 人材派遣会社トライン株を充当しようと思ったのではなく、野口氏に「人材派遣会社トラインでどうですか?」と言われた
      • 時期は、人材派遣会社トラインの株が出る前ではないと思う
    • この件については、中村被告も携帯電話販売会社クラサワコミュニケーションズとの株式交換スキームを考えた頃から知っているが、大西氏は関わっていない
  • (「4 月 16 日に、人材派遣会社トライン 4 万 4448 株が VLMA 2 号投資事業組合から PSI へ移動している」との弁護側に対し)直前に、野口氏と中村被告が話しているのを聞いた
    • 「フィー分として、人材派遣会社トライン現物で抜く」と言っていた
    • 人材派遣会社トライン株の一部や消費者金融会社ウェッブキャッシング・ドットコムなど他の株ではなく、人材派遣会社トライン株の全部だったのは野口氏の意見による
    • 会計処理については知らない
  • (「PSI が 5 月と 6 月に 3 回に分けて、全株を計 2 億 6589 万 1138 円で売却したのを知っていたか?」との弁護側に対し)売ったとは聞いたが、時期は分からない
    • 中村被告から、売却代金は 1 億数千万円と聞いた
  • 6 月 28 日に、売却代金全額がゲインウェル証券の PSI チャレンジャーの口座に送金されているのは知らない
    • その内の約 1300 万円が、6 月 29 日に送金されたのは知らない
    • 1 億 5000 万円が、PSI チャレンジャーから PTI に送金されたのは知っている
      • 証人が、野口氏に頼んだ
      • 東亜銀行の証人と中村被告の口座に 2000 万円ずつ送金した
      • 日本の銀行の証人と中村被告の口座に 1500 万円ずつと、自己破産しそうだった部下の口座に 1000 万円を送金した
      • 7 月 16 日の中村被告から大久保 紀章氏(ライブドア執行役員)へのメールの「口座振替の件、モーマンタイです」「PTI から次の口座に 2000 万円ずつ送金せよ」というやりとりが、東亜銀行の 2000 万円送金に当たる
      • 証人の東亜銀行の分は、1 度クレジットカードで 100 万円くらい使ったが、それ以外は残っている
      • 証人の日本の銀行の分は、生活費にした
      • 横領ではなく借りただけ
  • 人材派遣会社トライン株の会計処理については、気にならなかった
    • 菅野氏以下がやってくれるから
    • 菅野氏に説明するのは、野口氏か中村被告

PTI

  • 11 月 8 日の中村被告から証人へのメールの「Y 社フィーの件」とは弥生を指し、ライブドアからライブドアファイナンスに支払うときに、間に会社を挟むのか相談している
  • 中村被告がソブリンや M & A コンサルティングを提案したのに対し、「恩を着るより PTI を利用する方がいい」と答えると、中村被告は「PTI とライブドアファイナンスの取引だと、自分たちが両社の役員だから問題がある」と言った
  • PTI が証人と中村被告の会社であることは、一般社員も知っていたと思う
  • 11 月 8 日の中村被告から証人へのメールで、「PTI 残高が 3000 万円強しかない。本来 5000 万円あるはず」と言う中村被告に対して、「自分からの 2000 万円の送金が、為替手数料が足りずに実行できなかった」と答えているのは、昨日から考えているが思い出せない

JMAM サルベージ 1 号投資事業組合

  • 出会い系サイト運営会社キューズ・ネットや消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)との株式交換について、証人は賛成だったが、堀江 貴文被告(ライブドア前社長)がどうだったか覚えていない
  • 話があったのは 1 月で、現金調達は 3 月だから現金は無理で、株式交換にした
  • VLMA 1, 2 号投資事業組合で買わなかったのは、「携帯電話販売会社クラサワコミュニケーションズと同じ株式交換スキームになる」と大西氏に断られたから
  • シークエッジの白井 一成氏は、「出会い系サイト運営会社キューズ・ネットと消費者金融会社ロイヤル信販(現・ライブドアクレジット)の買収」と目的がハッキリしており、返還間違いなしだったから貸したのだろう
  • 白井氏に借りた 45 億円で JMAM サルベージ 1 号投資事業組合を作り、2 ヵ月後に 49 億 5000 万円を返した
    • 「2 ヵ月で 10 %」は先方が提示した
    • ベラボ―な金利だと思った
    • 証人への還流は絶対ない
    • 返金経路は分からない

エバトン・エクイティ

  • 9 月 21 日に、エバトン・エクイティがクレディ・スイス銀行から 3 億円のローンを組んでいるのは知らない
  • スイス口座関連は、金を借りたときのこと以外はよく分からず、中村被告が詳しい
  • 9 月 16 日に、エバトン・エクイティから PTI に 4000 万円送金されたのは知っている
    • 証人が中村被告に頼んだ
    • 2000 万円でフェラーリを買い、残りも自分で使った
    • 中村被告と一緒にフェラーリを買い、代金は証人が立替えたが、直後に返してもらった
  • (「平成 17 (2005) 年 6 月 7 日に、エバトン・エクイティから大連の徐 躍平氏(ライブドアチャイナ社長)に 5000 万円送金されたのを知っているか?」との弁護側に対し)7000 万円ではないか
    • 「6 月 7 日に 5000 万円で、9 月 20 日に 2000 万円」と 2 回に分けたのは覚えてない
    • 証人の指示だが、金額は徐氏が決めた
    • 中国市場の広告を取る営業会社を作るための資本金
    • 9 月頃、新潮流という会社を設立した
      • 代表取締役は不明
      • 社員 100 人くらい
      • 中国は外資規制があるので、徐氏が 100 % 出資したことになっている
      • 現在は閉鎖
    • 強制捜査のとき、証人と中村被告は徐氏のところにいて、システム開発のネジを巻いていた
    • 保釈中も許可を得て、中国で徐氏とシステム開発の打合せをした
  • 11 月 15 日に、UBS 証券の担当者 3 名に 3000 万円ずつ送金した
    • MSCB 紹介手数料として、証人が指示した
    • UBS 証券からライブドア証券に 40 億円くらいの案件を回してもらっていたので、収益の 30 % を払う契約だった
  • エバトン・エクイティの口座が凍結されたのは知っているが、現在の残高は知らない
    • (「残高は約 26 億円」との弁護側に対し)35 億円くらいある、と思っていた
    • (「保釈後、証人が弁護士を通じて知人に出したメールに、『ライブドアは 5 年掛かったが、学習したので 2 年で USEN からライブドアを買戻すか USEN ごと買収する。堀江被告は芸能界入りするだろうから、堀江被告以外の被告人チームで』とあるが、証人の預金は?」との弁護側に対し)3 億円くらい
      • レバレッジを効かせて頑張る
      • エバトン・エクイティの残高を新会社設立に使うつもりはない
      • 証人と中村被告以外に、岡本 文人被告(ライブドアマーケティング前社長)や清水 幸裕氏(ライブドア証券会長)もエバトン・エクイティを知っているが、熊谷 史人被告(ライブドア元代表取締役)が知っているかは分からない
      • 小谷 彰彦氏(コンフィアンス・サービセス代表)に「エバトン・エクイティの金は動かすな」と言ったのは、凍結されたから
      • (「『会社に戻すな』という意味では?」との弁護側に対し)そんなことはない
      • エバトン・エクイティの残高を堀江被告以外の被告人チームで 1 人 10 億円ずつ使えたらいいが、そのつもりはない